みずほ銀行カードローン 大学生

 

学生はお金がかかる…

大学生って何でこんなにお金がかかるの?っていうぐらいお金が必要になってきます。
毎日の生活費に、友達との交際費・サークル費・買い物費用などなど、意外にお金を使う事って多いんですよね。

みずほ銀行カードローン|大学生の私でもお金を借りることが出来ました。

 

しかし、学生なのでそこまでお金なんてないし(*_*)という事で日々節約生活を頑張っている学生さんも多いんではないでしょうか?

 

節約しながらどうにか生活出来るのであれば問題ないんですが、時にはどうしてもお金が必要、って事あると思います。

 

でも、手持ち金にそんなに余裕もないし、バイト代もまだ先…。親に借りるのも言いづらい…友達なんてもってのほか(´・ω・`)

 

こんな時は、カードローンを利用するのがお勧めですね。基本的には、
大学生の方でも20歳以上でアルバイトなどの収入があればカードローンの利用が可能となっているんです。

 

カードローンであれば、お金が必要な時にいつでも借りることが出来てとても便利(^^)/
特にみずほ銀行のカードローンは低金利設定となっているので大学生の方にも人気ですね。大手銀行なので安心感も抜群ですし(*^^)v

 

大学生OK みずほ銀行のカードローン

みずほ銀行のカードローンは、上記でも書いたように20歳以上、アルバイトなどで収入のある大学生の方であれば利用する事が可能となっています。当然、お金を借りるにあたって審査は必要になってきますが、親への確認連絡などは無いので、安心して利用できますよ。

 

アルバイト先など働いている会社・お店に在籍確認の連絡が入りますが、個人名義で電話があるので、勤め先にばれてしまう心配もありませんよ。

 

申込み方法としては、Web上で24時間365日いつでも可能となっています。ネット上からの方が手間もかからず簡単に行うことが出来るのでお勧めですよ。もちろんスマホからでもOKです。

 

現在みずほ銀行の普通預金口座を開設している方は、Web完結申込みが可能となり、最短で即日中の借入も可能となっています。キャッシュカードがそのままローンカードとして使えるようになるので便利ですよ。

 

持っていない方は、利用と同時にみずほ銀行の口座開設が必要となるため申込み即日中の借り入れは難しいかもしれないので、お金が必要な時は早めに申し込みするようにしましょう。

 

返済方法は、口座から毎月自動引き落とし、もしくはATMで随時ご返済する事も可能ですよ。

 

金利は年4.0%〜14.0%と低金利設定となっています。
仮に5万円借りて2か月(60日)で返済した場合は、約1,200円ほどの金利で済みます。1日で計算すると20円ほどなので安心ですね。

 

その他のカードローン

みずほ銀行のカードローン以外でも、大学生の方が利用できるカードローン会社はいくつかあります。
その中でも、アコムやモビットなどは大手のカードローン会社となっているので安心して利用することが出来ますよ。

 

申し込み条件・利用方法はみずほ銀行の場合と同じで、20歳以上・アルバイトなどで収入があればOKです。
ネット上からならいつでも申込みできて、最短で即日融資も可能となっています。

 

特にアコムのカードローンは最短30分のスピード審査となっているので、急ぎでお金が必要な時にでも安心ですね。
みずほ銀行の口座を持っていなくて、すぐに借りたいという方はアコムに申込みするのがいいと思いますよ。

 

 

≫最短30分スピード審査 アコム公式サイトへ

 

 

≫モビット公式サイトへ

 

 

私がお金を借りたわけ

私は大学生の時に、欲しいものを買いすぎて食費がなくなってしまったことがあります。高校を卒業して浮かれていたということもありますね。

 

一人暮らしをしていたので、好きに行動をすることができたということも原因です。やはり大学生になったばかりの時は開放感がありますから、なんでもできるのではないかと思ってしまいます。

 

食費がなくなっても節約生活をすればいいやと思ってしまったのです。そしてゲームやおもちゃなどをどんどん購入してしまいました。趣味にお金をかけるときに削るお金は食費しかありませんからね。

 

最初の数日はなんとか勢いで過ごせていたのですが、徐々に気力が衰えてきてしまいました。常にお腹がすいている状態で何か食べたいなあと思っていました。

 

親に趣味にお金を使いすぎてお金がなくなってしまったというわけにも行きません。一応生活をしていけるぐらいの金額を仕送りとしてもらっていたからです。

 

無駄遣いをしなければ普通に生活をしていくには十分すぎるお金をもらっていました。ですが、そううまくいかないのですよね。何故、無駄遣いをしてしまったかというとそれは自分の心の中に欲があったからだと思います。

 

若いうちは欲しい物がたくさんあるのは当たり前なのですが、それを我慢して生活をしていくことが重要なのではないかと思うのです。

 

お金が足りなくなって流石に辛くなった時にはゲームソフトを売ってお金を作ってからご飯を食べました。そうなるなら最初から無駄遣いをしなければ良いのですが、消費行動自体が楽しかったということもありお金を使ってしまいました。

 

それからは、仕送りだけでは生活していくのが大変だと思い居酒屋さんでアルバイトを始めました。
アルバイトを始めれば、バイト代で好きな物を買えて生活も今ほど苦しくなく済むと思ったからです。

 

しかし、バイト代が増えればその分買う物も増え結局は変わらず。。。
ひどい時はカードローンのお世話になる事もあったぐらいです。

 

社会人になった今は以前ほど無駄遣いは減りました。今思い返せば、あの時は本当に無駄遣いばかりしていたな…って感じます。

 

まぁ、それだけ毎日楽しんでいたって事なんですけどね(^^)/